読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365日映画らいふ

洋画を中心に映画レビューを書いていきます

イミテーションゲームのレビュー

スリラー 伝記 戦争

 

楽しすぎて更新頻度半端ないです!

 

好きなことをするのって楽しいです!

 

さぁ今回は新たなジャンルなんですが、ちょっとジャンル決めするのが難しい…

伝記、スリラーとかにも入ると思いますが、戦争にしておきます。


タイトルはイミテーションゲーム

 

アカデミー賞8部門にノミネートされた注目作品です!

 

 

〜あらすじ〜

舞台は第二次世界大戦時のイギリスです。

ドイツ軍が発明した暗号機「エニグマ」の解読に携わった人々の実話をもとにした映画です。


主演はベネディクトカンバーバッチ。


実在した暗号解読者アラン・チューリングを演じています。

彼を始め、5人のメンバーでエニグマの解読を進めます

しかしエニグマの解読は非常に困難です

暗号パターンが159,000,000,000,000,000,000通りある上に、毎日暗号は変更されます。

その暗号が解読されないとドイツ軍の動きが読めず、多くの人々が犠牲になってしまいます。

アランはチームリーダーとなり暗号解読機を完成させようとしますが、その一風変わった性格から他のメンバーの顰蹙を買ってしまうのです…

 

〜感想〜

物語は全体的に暗いです

戦争映画だったら当たり前ですね。

私はこの映画ではじめてアラン・チューリングという人物を知りました。

彼が開発した暗号解読機はコンピュータの元であると言われています。

いわゆる天才というやつですね。

ただ彼にはもうひとつ驚くべき事実があります。

彼は同性愛者だったのです。


ただ当時のロンドンでは、同姓の人と性的な行為を持つことは犯罪であり、

暗号解読機を完成させた後、彼は裁判で有罪判決を受けてしまうのです。

その後の彼の行方は映画の最後で伝えられます。




いい意味でも悪い意味でもショッキングな映画でした。

俳優陣の演技も素晴らしく、物語に入り込めました。




最近カンバーバッチも気になってるんですよね。

カンバーバッチといえばSHERLOCKで有名ですね

現在公開中のドクター・ストレンジでも主役ですので今アツい俳優さんですね。


彼は決してイケメンじゃないんですけど、映画やドラマで見てると自然とかっこよくみえてしまうので不思議です笑

スタイルもいいですしね。



あと知っている俳優だとキーラ・ナイトレイマーク・ストロングですね。

キーラ・ナイトレイはそんなに好きな女優さんじゃないですが、なぜか彼女がでてる映画結構見てるんですよね。

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズやアンナ・カレーニナなど…

でも今回彼女が演じた役ははまり役だったと思いますよ。


マーク・ストロングキック・アスキングスマンなどマシュー・ボーン監督の作品によく出てますね

好きです!

 

 

第二次世界大戦当時のイギリスに興味のある人は面白いと思います。

私みたいにあまり知識がなくても十分見ごたえのある映画です。

観た後はなんともやるせない気持ちになります。

私は少し涙しました


戦争、スパイ、恋、様々な要素が詰まったイミテーションゲームぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

たまにはこういった映画もいいですね。

そしてベネディクト・カンバーバッチの魅力がたっぷり詰まっています。

 

ということでみなさんもぜひチェックしてみてくださいね〜

 

読んでいただきありがとうございます!

 

デッドプールのレビュー

アクション

今回はマーベル・コミックヒーローの作品を紹介します

ジャンルはアクションです


タイトルはデッドプールです!

 

〜あらすじ〜

ニューヨークでトラブルシューターとして生計を立てるウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)はある日娼婦のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と恋に落ちる。

毎日幸せに暮らし、婚約までした彼らだったが、ウェイドは末期がんであると宣告させる。

悲しみに暮れる彼の前にある男が現れ、末期がんを治すことができると伝えられる。

一縷の望みをかけ、彼は男の言うとおりにし、ヴァネッサのもとを去る。

しかし、彼が連れて行かれたのは実態実験を行う施設であった。

そこでフランシスという男に苦痛を伴う実態実験を施され、ウェイドは不死身の体を手に入れた。

しかし彼の顔や体は醜くただれており、恋人にも会えないウェイドはフランシスへの復讐を決める。

〜あらすじ〜

 

久しぶりにマーベルヒーロー映画を見ました!

Xメンアポカリプス以来ですね〜

おもしろかったです

ただ、若干グロいうえに非常に汚い言葉が行き交っているので、お子様がいる家庭での視聴はおすすめできません笑

〇〇レンジャーみたいだと勘違いして子供を連れて観に行ったら気まずい雰囲気が流れたなんてことはありませんでしたかね?笑




アクションシーンはCGだと思いますが、かっこいいですね

主人公はマーベルヒーローお得意の最強設定のひとつ、不死身です笑

不死身だから戦いの途中でも余裕でジョークとかかまします

映画のなかでウェイドが言うジョークは元ネタ知ってると結構笑えます。

例えば、

「96時間」のリーアム・ニーソンは3回も自分の娘をさらわれてしまう馬鹿なオヤジとか、

XメンでおなじみプロフェッサーXの話がでたときは、

マカヴォイ?スチュワート?どっちだ?時系列がゴチャゴチャでわからない

みたいなことを言って笑わせてくれました。


※若い頃のプロフェッサー役は、ジェームズ・マカヴォイ、老年期はパトリック・スチュワートが演じています。





物語の中では、Xメンメンバーからコロッサスとネガソニックティーンエイジウォーヘッドが登場しました。

恵まれし子らの学園なども登場し、Xマンファンはたまらないのではないでしょうか。

ストーリーのクライマックスでは、Xmenの二人とウェイドが協力して敵を倒しに行きます。

このタッグは最強ですね〜戦闘シーンもかなり楽しめました。



まぁヒーローものですので、ストーリーはあまり期待しないほうがいいです

ただ爽快なアクションは十分に楽しめます!

あとで気づいたんですけど、ウルヴァリンZEROのラスボス、ウエポンXとデッドプールって同一人物なんですね!

演じてる役者さんも同じですし

びっくりしました!

っていう話です笑

 

 


まぁとりあえずめっちゃ笑えますしおすすめですよ



特にアメコミヒーロー好きの方なんかには良い作品だと思います

 

今回はデッドプールのレビューでした

 

みなさんもぜひチェックしてください!

 

読んでいただきありがとうございます!

ノーウェアボーイのレビュー

ドラマ 伝記

こんばんは!

今日は久しぶりにカラオケに行ってきました!

2時間歌ってストレス発散できたし楽しかったです

ビートルズいっぱい歌ったので今日は彼らに関連した映画を紹介したいとおもいます!

ジャンルはドラマ、または伝記ですね



タイトルはノーウェアボーイ〜ひとりぼっちのあいつ〜

 

〜あらすじ〜

ひとことで言うとジョンレノンの若い頃の物語です!

ジョンレノンの人生にはふたりの女性が大きな影響を与えていたんです。

実の母親であるジュリアと伯母であるミミです。

彼女たちとの関係や、ジョンレノンがどのようにして音楽の世界に引き込まれていったのか、などが描かれています。




〜感想〜

非常に良かったです

ジョンレノンには二人の母親がいたんですよ

育ててくれた伯母のミミと実の母親であるジュリア

ジュリアは事情があり、ジョンをミミに引き渡したのです

ミミは非常に厳格な女性でジョンを厳しく教育します

一方のジュリアは自由奔放な性格で、ジョンに「音楽の楽しさ」を教えます

思春期の少年はやはりジュリアの方に惹かれますよね

ガミガミ言う母親よりかは…笑


私はなんかの記事でこのジョンの複雑な家庭事情を知りましたが、実際ジョンレノンがどういった環境で育ったかは全く知りませんでした

そもそも私はジョージ・ハリスンですので笑

ただアーロン・テイラー=ジョンソンが主役だから観てみたのです…

ジョンレノン役よかった!!ハマってましたよ!

歌声もなんとなくジョンレノンに似てるんですよ


他にもキック・アスの主人公や、アンナ・カレーニナのヴロンスキー伯爵として映画に多数出演しています。

キック・アスアンナ・カレーニナのギャップがありすぎて衝撃的でした笑


イケメンで高身長ですのでこれからもどんどん映画にでてくると思います

びっくりなのがこのノーウェアボーイの監督とアーロン・テイラー=ジョンソンは夫婦なんですよ

アーロンは26歳で相手のサム・テイラージョンソンがなんと49歳!

えええ

男が年下のパターンでこの年齢差は珍しいですね

お幸せに



まぁそれはおいといて!



映画の中でちょいちょい歌も入れてくれるのでファンとしては嬉しいです

予告の動画でも流れてる"In spite of all the danger"は大好きです

クオーリーメン時代の曲ですね

 

 

歌っている時のアーロン・テイラー=ジョンソンの顔がなんともいえなく好きです


ジョージ・ハリスンやポール・マッカトニーとの出会いも描かれていてとってもワクワクしました


ポール・マッカトニーを演じてる男の子、トーマスサングスター

 

この子ラブ・アクチュアリーリーアム・ニーソンの息子役だったんですよ!

ラブ・アクチュアリー観てる時どっかで観たことあるな〜って思ったんですよね〜

しかもヒュー・グラントの血縁者!全然似てないわ笑

有名所だとゲーム・オブ・スローンズやメンズランナーに出演してます。

まぁとにかくとってもキュートな俳優さんです

これからも注目していきたいですね

 

 

ということで、ノーウェアボーイ、


雰囲気も歌もストーリーも素晴らしいです

ビートルズファン、ジョンレノンファンの方は視聴することをおすすめします

彼らの昔をさくっと知るにはいい映画ですよ

ジョンレノンへの印象が変わると思います

 

それでは次の記事でお会いしましょう

読んでいただきありがとうございます!

きみに読む物語のレビュー

恋愛

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか!

記念すべきレビュー一回目の記事になります!

ジャンルは恋愛でございます

最近話題になっている映画といえば日本でも公開中のLA LA LAND

 

みなさんもうご覧になりましたか?

 

筆者はまだ観ていません…でも英国アカデミー賞5部門受賞した作品なのでとってもきになります…

主演は今最もホットなカナダ人俳優ライアン・ゴズリングです

 

かっこいいですね〜



前置きが長くなりましたが、

今日は彼の出演する作品のひとつをご紹介します

タイトルはきみに読む物語です

 

〜あらすじ〜

舞台は1940年のアメリカ、シーブルック。

主人公のノア(ライアン・ゴズリング)はある日アリー(レイチェル・マクアダムス)という少女に出会い一目惚れする。

遊園地で遊ぶアリ―にノアはデートしてほしいと猛アタックをする

強引にデートに誘い最初は困惑したアリ―だったが、二人はそのデートから仲良くなり付き合い始める。

しかしアリ―は裕福な家庭の一人娘、ノアは材木置場で働く労働階級の少年、

娘に悪影響を与えると感じたアリ―の両親は二人の交際に反対する

やがてアリ―は大学に進学し、ふたりは離れ離れになる

ノアは毎日手紙を送っていたが、その手紙はアリ―の母親が没収しアリ―の元へは届かなかった

その後戦争が始まったためノアは徴兵され、アリーは弁護士のロンと婚約するのだった…

〜感想〜

甘酸っぱい青春ラブストーリーです

デュークという男性がアルツハイマー病を患っている女性にノートに記された物語を読み聞かせるという形で物語は進行していきます

ノートを持っている時点でこの老人男性が誰であるかは大体想像がつきますね



注目したいのは映像の美しさです

解像度という意味ではないです笑

二人が愛を育む自然豊かなシーブルック

夕日が反射してきらきらと光り輝く湖

どこか懐かしくノスタルジックな気分にさせてくれます


社会的地位など関係なくただ好きな人と愛し合っていた二人ですが、

将来の進む道の違い、両親の反対などからふたりの関係は徐々に崩れていってしまいます


弁護士のロンと婚約したアリ―はある日新聞に載っているノアを見つけ、会いに行くんです

再開した二人は再びかつての愛を思い出して惹かれ合ってしまうんですねー

ここでアリ―ビッチじゃね?と考えずにはいられない筆者でしたが、

ロンとの婚約も半ば強引でしたし、アリ―はノアから送られていた手紙の存在を知らなかったからまぁしょうがないかなー

ただ婚約者がいるわけだから、ノアとロン、どっちをとるか決めなきゃいけないわけですよ

片方を選んだら、もう片方が傷つく…

辛い決断を迫られるわけです


アリ―がどちらの男性を選んだかは映画を御覧ください


まぁ、日本の硬派な恋愛に慣れている人にはちょっと理解できない部分もあるかもしれないですね

ただ私は普通におもしろい映画だと思いましたし、感動もしました

アリ―が男性陣を振り回してしまうので少し感情移入がしづらかったですが笑

恋愛映画がみたいなーっと思っている人にはおすすめできる映画です。





なんといってもレイチェル・マクアダムスがかわいい!!

彼女の可愛さを存分に楽しめる映画ですよ

欧米人の美の基準って「美しい」じゃないですか

ハリウッド俳優には顔の彫りが深い、すらっとして高身長な女性がおおいですよね

反対に日本はどちらかというと「かわいい」女性が人気ですよね

レイチェル・マクアダムスは美人なんですが、どちらかというとかわいい顔をしているので、

日本人にも受けがいいと思います

 

 

 

というわけで、きみに読む物語とてもおすすめです

 

みなさんもぜひチェックしてください!

 

読んでいただきありがとうございます!

 

映画レビューブログはじめました!

はじめまして!みなさん映画レビューブログをはじめました!

 

みっきーと申します

 

これから映画レビューや日常のことなどいろいろ更新していきたいとおもいます!

 

〜自己紹介〜

 

まず自己紹介をさせていただきます。

 

都内の大学に通っています。大学では主に英語や言語学などを勉強しています

 

新潟出身で、小さい頃から映画を観るのが大好きでした。

 

兄の影響で、ヒーロー物やアクション映画を観ていました

 

その時から海外の文化に興味を持ち、学校で一番好きな授業が英語になりました!

 

一生懸命勉強をし、今では日常会話程度は問題なく会話できるようになりました。

 

昨年の夏に生まれて初めて海外に行きました。

 

アメリカのサンフランシスコです。

 

ここで多種多様な人と出会い、会話をし、とても刺激を受けました

 

海外の食べ物、町並み、人は日本とは全く異なり、何もかもが新鮮でした

 

それ以降さらに英語と映画を好きになりました。

 

今月はニューヨークに旅立つ予定でございます

 

4泊6日の短いただの旅行ですがとっても楽しみです

 

また新たな発見ができればいいなと思っています。

 

 

 

〜なぜ映画を愛すのか〜

なぜ私がここまで映画を愛しているのかを書かせていただきます

 

映画はズバリ私達に多くのものを与えてくれます

 

人生のどん底に落ちた時、愛する人ができたとき、新しいことに挑戦する時、

 

様々なシチュエーションに置かれた人々の物語が描かれます。

 

そのような状況下で人はどう生きていけばいいのか、乗り越えていけばいいのかといったことを映画は教えてくれます。

 

心に響くような名言も映画からいくつも生まれました。

お気に入りの映画が見つかれば、それがあなたの一生のバイブルになるでしょう

 

このように私は映画からたくさんのことを学びました。

 

そしてこれからも私に多くの刺激を与えてくれるでしょう!

 

 

〜最後に〜

ということで、

 

私の自己紹介と映画に対する愛をほんの一部書かせて頂きました

 

 

これから映画レビュー中心に更新していきたいと思います

 

あまり一つのことを継続することが得意ではないうえに文才もないですが、

 

読みやすくおもしろい記事がかけるように頑張っていきたいと思います

 

一人でも多くの人に読んでもらって、みなさんが映画を選ぶ際に参考にしてもらえれば嬉しいです

 

また紹介した映画を観たことある人とも、お互いの感想などをシェアしていきたいです。

 

コメントも気軽にしていただければ嬉しいです

 

では最初の記事はこのくらいで終わらせていただきます!

 

読んでいただきありがとうございます!