読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365日映画らいふ

洋画を中心に映画レビューを書いていきます

ラブ・アクチュアリーのレビュー

こんばんわー!

 

こんな時間に投稿するとタイプミスしないか心配です笑

 

なんと今回も恋愛映画です!

恋愛映画はいいですよねー!

きゅんきゅんしちゃいますよほんとに


今回紹介する映画はLove Actually です!

 

2003年に制作された映画ですが私が観たのはつい最近です。

言語学の授業をとっていまして、課題のレポートがイギリス英語をテーマにしていたのでこの映画を参考にしながら書きました。

したがって英語学習者にも非常におすすめできる作品です。

イギリス英語特有のイディオムやアクセントを学ぶことができますよ。

 

 

〜あらすじ〜

 

それぞれの登場人物のストーリーが同時進行していく形です。

大統領と秘書、夫婦、会社の同僚など様々なシチュエーションの恋愛が描かれています。

登場人物がとにかく多いのであらすじはこれくらいにしておきます笑

 

 

〜感想〜

 


クリスマス前のロンドンを舞台にしているのでとってもロマンチックです



豪華な俳優陣にも注目したいですね。

ヒュー・グラント
リーアム・ニーソン
コリン・ファース
ビル・ナイ
アラン・リックマン
キーラ・ナイトレイ などなど

これだけでも十分すぎるほど豪華です!


私の大好きな俳優さんがたくさん出演してます!♡


アラン・リックマンは昨年お亡くなりになりましたね…

ハリーポッターのスネイプ先生などでおなじみですが、この訃報を聞いたときはとても信じられませんでした

安らかにお眠りください…



ヒュー・グラントは今回英国の大統領を演じましたがとてもよかったです

ダメ男を演じることが多い彼ですがなかなか様になってました笑

若干のプレイボーイ感はやはりありましたが…


コリン・ファースも小説家の役でしたがとってもかわいかったです!

 

 

ポルトガル人のメイドとのやりとりがなんとも愛らしかったです


さてこの二人はブリジット・ジョーンズでも共演してましたね。

 

そうなんです、ラブ・アクチュアリーの監督はブリジット・ジョーンズの監督も務めたリチャード・カーティスです。

 

前回レビューを書いたアバウト・タイムも同じリチャード・カーティスが監督しています。


ノッティングヒルの恋人やフォーウェディングなども監督してます

相当ヒュー・グラントが好きなんですね笑

 

この作品の面白いところはすべてがすべてハッピーエンドで終わらないところです

両思いになり実る恋もあれば、片思いで終わる恋も…

ただバッドエンドというわけでもなく…

そこらへんの描写がとても上手いです

映画の挿入歌もそれぞれのシーンにとてもマッチしていて

ロマンチックな雰囲気を引き立てています。



前述のとおり英語学習者にもおすすめです

日本の英語教育ではアメリカ英語を採用しているため、様々な相違点を見つけることができるでしょう。

イギリスでは男女問わず"Lovely"を使う
"Fuckin’"と同じように"bloody"を多用するなど

このような点に注目しても楽しかったです!



いい映画なんですけど、私は登場人物ごとにシーンがパッパッと進んでいくこの形式があまり好きじゃないです

できればひとりの登場人物やひとつのカップルに集中したいのです笑

そのほうが感情移入もしやすいですしね。

2時間でこの数の登場人物は少し多すぎましたかね


ただストーリー自体はとてもおもしろかったです!

クリスマスに観るのがおすすめですが別にいつでも楽しめます笑


恋愛系で映画を探してる方にはおすすめしますよ

 

ぜひ皆さんもチェックしてみてくださいね〜

 

読んでいただきありがとうございます